ヘッダー画像

塩でお浄めをすることで抵抗も薄れる

スッキリできる
気持ちが晴れることもある

人形は、大切にして来たものであり、塩でお浄めしても処分する際に戸惑いがあるのも当然です。 ふだん、いつも身近な存在であっただけにどんな風にして捨てるかを考えてしまうこともあるでしょう。 もちろん、これに抵抗があったとしても普通に不用品として出すことは、どうしても可能です。

塩で供養する事でぬいぐるみも浮かばれる?

素材に応じて不燃物や可燃物というようにその地区の回収の決まりにしたがって出すことも一つの方法として考えましょう。 ここから好きなように、一般的にはこれが選べます。 しかし、廃棄物として捨てるのであっても、これまでの感謝の気持ちを言葉にしたりが大切なのです。 心の中で思ったりすることで、「ごめんね」「今までありがとう」と感謝を込めるようすると抵抗感もかなり軽減できるでしょう。 また、捨てる際には注意点があります。 要らない物として捨てる際は、ぬいぐるみの顔をできる限り汚さないように紙や布、袋などで塩でお浄めして包んでおくようにしましょう。 やはり、ここでは大事な思い出のある品ですので、こうすれば運勢的に良いと言われています。

ちゃんと塩でお浄めしないと後悔してしまうことも

見切りが大切
古くから伝わるやり方です

また、習わしにおける考えですが、古くて使わないものを置き続けることは陰気がこもってしまうためにです。 持ち主の運を下げると言われていますので、ある程度で見切りをつける方が良い場合もあるでしょう。 古い使わない玩具、占いの考え方なら思い切って捨ててしまった方が運気は上がるといえます。 しかし、捨てる際にもよく考えた上で捨てないと、捨てた後も縁が残ってしまうことです。 この場合も運気の下降につながる場合もあるので、注意が必要です。 そのため、他の不要物とは区別するという意味で顔をくるむ等の大切な行為をしっかりと行い、感謝と共に別れを言いましょう。

自己満足でも塩をまくことに意味を感じる人も

また、これを入れた袋にお浄めの塩を入れるのも役立ちます。 こうして清めておくという効果があるので、出来るだけそうしてみましょう。 後々、あの時に人形を処分する際に入れなかったために、何か良くない出来事の原因になったのではないかと後悔するよりは、しっかりとした自分なりのお別れをしておけば心が揺れ動くことがありません。 また、使用するのは、普通のものよりも天然のものが良いでしょう。  やや値段は割高ですが、大切なぬいぐるみとのお別れですので、塩も入れて適切な物を選んでおくと胸の中もすっきりするでしょう。

区切りをつけるための意味もある塩でのお浄め

最後まで丁寧に
最後までしっかりと必要か考えましょう

何か家の中で工事を行ったり建築したりする際にも、厄除の意味を持っているのです。 塩は昔から用いられていますので、それだけ安心感が感じられるものだと古くから言われているのが分かるでしょう。 わずかな量でも良いので、愛着のある玩具を処分する際に、真心を込めて入れておくようにしましょう。 思い出がたくさん詰まっているものだからこそ、たとえ、今は古くなって使わなくなっていても、かけがえない時間を一緒に過ごしたものですので、感謝の気持ちを込めて廃棄をして行くのが賢明です。

盛り塩をすることでお浄めができる

買ったり頂いたりした時点では人形はただの商品にすぎませんが、持ち主が可愛がり遊んだりして来てからは、やはりこれにも魂を感じられるようになるので、かけがえのない存在に生まれ変わります。 ですから、これまでの愛着ある抱っこちゃんを廃棄する際には、普通の生活不用品に紛れて捨てるだけでは忍びないものになります。 しかるべき方法で、しっかりと自分の気持ちを伝えてお別れするのが理想的です。 これまで何となく普通の缶やペットと一緒に捨てていた方も、これからは、本のひと手間をかけてぬいぐるみを適切に最後まで大事に扱ってあげるように心がけてみてはいかがでしょうか。 愛着のある存在だったことをケアすることで、一区切りをつけられるので、お浄めの塩とまた新しい暮らしを展開して行く際にも、このような抵抗感がなくすっきりと始められるようになりますので、ぜひ、これからはそのひと手間を行うようにしてみてください。 きっと、人形自体も喜んでくれるに違いありません。

神社


無料


燃えるゴミ


風水


ぬいぐるみ処分