ヘッダー画像

神社でお祓い薬用をしなくてはいけない場合

歴史を遡る
お世話になった分恩返しを

長年、身近に置いて可愛がって来たお人形が汚れてしまったりします。 または傷んでしまったりなどの理由で処分をせざる得ない時に、単に普通のゴミとして出すのは、忍びないという気持ちになる方も実際にいます。 やはり、結局はそれだけ愛着があるものであり、単なるものと言う存在を越えています。 こういった子供の話し相手や遊び相手、あるいは、大人でも大好きな方もいるほどですので、それだけ思い入れはかなり深いものとなります。

好きだったぬいぐるみを神社で供養する方法

しかし、やはりお処分をしなければならい時期がどうしてもやって来ますので、その意味やタイミングの際には、神社やお寺にまずは相談をしてみるとかなり良いでしょう。 ですが、実際に最寄りで探そうとなると直接、宮司や住職と合う機会と言うのは、あまり多くないのが普通です。 何度か検索をしてみるとインターネットで抱っこちゃんや人形の供養をしてくれるサイトがありますので、まず、そこから調べてみることをお勧めします。 これは神社やお寺で、ぬいぐるみの処分が出来るところをまず探して行きます。 それは、たとえば、供養に対するお布施が、玩具一体だけなのか段ボール箱一個分なのかも変わって来ます。

不幸を招かないように神社で供養する

専門家に頼む
専門の場所を探しましょう

神社では概ね、お布施の目安がどれくらいなのかも知っておく必要があります。 その対応は、それぞれで異なって来ます。 数千円程度で受け付けてくれますが、後々トラブルにならないためにもいくらかかるのかを知っておく必要があります。 目安としては、3000円から5000円程度と思っていてください。

神社で供養するにはお金が掛かります

良くお寺などではお布施を「お気持ちで、納めて下さい。」と言われることがありますが、神社でその金額がどれくらいして良いのかが分からない方もいます。 ですから、予め、具体的な金額を聞いておく方が安心でしょう。 たとえば、「5000円以上で、お気持ちです。」と言われた場合には、5000円をお布施にしても良いですし、それ以上を包んでも良いということになります。 さらに、ぬいぐるみであればどんな素材であっても受け入れ可能ではありません。 燃える物だけを対応としているところが多く、不燃物である場合には、対応しているところが少なくなっていますので問い合わせをしておく必要があります。 同時に、ケースも引き取ってくれるかも問い合わせが必要です。 そして、受付をしてくれる時期が限られている場合もありますので、神社で出来ればいつでも受付可能としているところを選べば、依頼者が思いついた時にすぐに処分をしてもらうことが出来るメリットがあります。

勝手に神社に持って行っても断られることも

意味を考える
事前に連絡をしてみましょう

宅配便を利用する際の注意点や支払の方法も予め、神社に尋ねておきましょう。 梱包する際に出来るだけ不要なものまで入れないように、気遣いをしておく必要もあります。 ぬいぐるみや人形などのように大事にしていたものには霊が宿るものです。

ちゃんと神社で供養する事で安心できる

従って、持ち主がその人形を普通に何も思わずゴミとして捨てることに抵抗を感じることもある方が居るのが当たり前です。 全く感じない人もいますので、感じない持ち主の場合には、魂は存在していないと考えられるので、神社ではなくそのままゴミとして処分しても良いでしょう。 しかし、魂を感じるほどに大事にしてきたものであれば、こういった方法で供養をしてもらうことが賢明だと言えるでしょう。 抱っこちゃんに愛着を感じていた人ほど、これまでの感謝の気持ちを込めて供養をしてもらうようにしましょう。 特に、人形にはその持ち主の厄を背負っていると言われていますので、誰かに譲るとそのまま厄まで引き継いでしまうと言われていますので、気になってしまう方は、お寺などで供養をいったんしてもらってから譲るようにすると良いでしょう。 大切な存在であった玩具や人形だからこそ、このような形で供養をしてもらって処分をする方法があるのです。 これは神社でも持ち主の気持ちが穏やかになれるためにも、検討してみると良いでしょう。

無料


塩


燃えるゴミ


風水


ぬいぐるみ処分