ヘッダー画像

風水では良くないとされる置き場所とは

ラッキーアイテム
方角にも気を使いましょう

人形やぬいぐるみは、風水でもその家の住人と同じように、その場の気を分け合う存在です。

部屋にフィギアを置いていれば、その玩具と運気をシェアしていることになるのです。

そして前向きには悪い気を吸ってくれますが、これが同時にいい気も吸い取ってしまいます。

風水的にもぬいぐるみがあり過ぎるのは良くない?

あまりたくさんの人形や抱っこちゃんを、ずっと部屋に飾っていると、それらに運気を吸い取られて運気が更にかなりダウンします。

これによって新しいチャンスにどうしても恵まれにくくなります。

置く場所や扱い方を間違ってしまうと良い運を呼び込むことができなくなってしまうような要注意アイテムです。

風水において、生き物の形をしているのに生気のないものは陰の気を宿すとされていますから、ドライフラワーなどもそうです。

また、古くて使わないものは陰気を宿し、全体の運を下げてしまいます。

なので、本当に大切なものをのぞいて、これが不要だと思ったら風水に関係なく、最初はまずは供養の目的を持って処分してしまいましょう。

これから家に飾る人形は1~2個、多くても3個に留めるのがベストです。

クマ

呪いで不幸に!復讐をする、恨みを晴らす、素人が呪いを掛ける簡単な方法

風水の運気を考えて捨てることを選択

フィギアなども
気持ちの切り替えにも良いでしょう

風水では絵や写真の他に、ゲームで獲得した人形や、アニメなどのキャラクターのフィギュアなども同様です。

ただし処分の方法を間違えると捨てた後も「縁」が続いてしまいます。 これが運気ダウンにつながってしまうので注意がかなり必要です。

フィギアに「捨てられた!」というマイナスの感情を持たせてしまうと、その蓄えられたエネルギーがあなたにすぐに届いてしまうこともあるのです。

きちんと感謝の気持ちを込めて廃棄するようにしてください。

ぬいぐるみが風水学上で問題となっていることも

まず、お別れする前にきれいにしてあげましょう。

汚れたまま捨てるのはNGです。

特に顔をきれいに拭いてあげてください。

人形や玩具は持っている人の容姿にも影響を風水では与えるので、この点は特に注意してください。

これはサヨナラするぬいぐるみに限らず、飾っているフィギアにも上手に気を配ってほしいところです。

長い年月飾っていると、持ち主のさまざまな感情が宿っていきます。

一緒にいる時間が長ければ長いほど、あなたを守って

くれる大切な身代りになりますが、その分マイナスの感情も溜まっていきます。 これには年に一度でも良いので時々の浄化が可能であれば必要です。

処分せずに残すものには手洗いをしたり、消臭除菌剤をかけたりして、風水だけでなく太陽光にあてて日向ぼっこさせてをあげてください。

捨てる時は紙や布などで包んであげるといいです。

愛着のあるものは風水よりも優先しましょう

心が痛い
捨てる時は感謝を忘れない

布は通気性のいい和紙や白い布などが風水でもおすすめです。

髪の長い人形を捨てる時は、髪を結んでから捨てるようにしてください。

捨てる時は他の廃棄物とは分けて捨てましょう。紙袋に入れて捨てるといいです。

間違っても生のものと一緒に捨てないように。ぬいぐるみに嫌な匂いがついてしまうと全体の運気を下げてしまいます。

「今までありがとう」など、感謝をこめて言葉をかけ、最後に塩をパラパラとかけて簡単な儀式をしてあげましょう。

風水とぬいぐるみの関係は深い

ここまでしても、やっぱり不用品として捨てるのは気になる、というなら、供養をお願いする方法もあります。

神社や施設によって、金額や供養の仕方もいろいろありますので、近隣を探してみてください。

春や秋に供養される神社が多いそうなので、調べてみてください。

ちなみに、10月15日は人形の日なので、風水によれば各地で人形供養や人形感謝祭などが行われています。

年に1度この日に整理すると決めるのもいい機会かもしれませんね。

また、実際に海外支援、社会支援のために寄付をするという方法もあります。

もし処分するのが忍びないというなら、その方法を探してみるのもいいかもしれませんね。

その場合も、きちんときれいにして、今までありがとうと声をかけるのを忘れないでください。

それでも、どうしても捨てられない…!という人は、風水は見えないところに収納することで運気ダウンを防ぐことができます。